マッチングの流れ

中小企業とコンサルタントとのマッチングとは

ODAを活用した中小企業海外展開支援事業への応募をご検討中の中小企業様へ、予定する事業内容(対象国・対象分野)に合わせ、パートナーとなるコンサルタントをご紹介します。コンサルタントの役割としては、提案書・報告書作成支援のほか、ODA事業や開発課題ついて知見の提供、現地調査業務支援、精算業務支援などが考えられます。

マッチングの流れ

  • ①ウェブサイトの申込フォーム(申込用紙)に必要事項をご記入の上、お送りください。
  • ②コンサルタントデータベースから、海外展開を希望する国、分野と合致するコンサルタントを抽出します。
  • ③コンサルタントへ、中小企業様の希望する事業内容を開示します。
  • ④コンサルタントへ、事業に対する関心を確認します。
  • ⑤関心を表明したコンサルタントを中小企業様へご紹介いたします。

申込方法

①ウェブサイトからの申込
   ウェブサイトの申込フォームに必要事項をご記入いただき、申込内容をご確認の上、送信ボタンからお申し込みください。送信後、自動返信にて申込受付のメールをお送りします。
   尚、入力内容の保存は出来ませんのでご注意ください。記入内容が多い場合は、電子メールでのお申し込みをお願いします。

②電子メール・FAXでの申込
   ウェブサイトより申込用紙(excel)をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、電子メールまたはFAXにて下記にお送りください。電子メールでのお申し込みの際には、件名に「マッチング相談申込」と入れてご送信ください。

宛先:
中小企業とコンサルタントのマッチング相談窓口 担当:中村・片山
メール:matching@jice.org    FAX:03-6838-2721

記入にあたっての留意点

   事業内容、準備段階に合わせてコンサルタントをご紹介します。申込フォーム(申込用紙)は、以下のポイントに留意し、出来るだけ具体的かつ簡潔に事業内容をご記入ください。

  • ポイント①海外展開したい技術・製品の特長をご説明ください。
  • ポイント②技術・製品が、対象国の課題解決にどのように役立つのかをご説明ください。
  • ポイント③応募を予定されている時期、計画の進捗状況をお伝えください。

   申込フォーム(申込用紙)に書ききれない場合は、別紙に記載いただくことも可能です。また、パンフレット等の送付を受付けております。別紙、パンフレットは電子メール(word、PDFなど)でお送りください。

申込をしてからコンサルタント紹介までの時間

   申込受領後、電話・メールにて詳細を確認させていただきます。その後、コンサルンタントの関心を伺い、当該事業に関心を表明したコンサルタントを紹介しております。詳細の確認から紹介まで、2週間程度お時間をいただいております。
   記載内容が曖昧・抽象的な表現であると、事業内容がコンサルタントに伝わりづらく、関心表明が得られない可能性がありますので、技術・製品の特長、計画の進捗状況など、具体的かつ簡潔にお書きください。
   尚、相談窓口のマッチングは、コンサルタントの支援を確約するものではありません。ご紹介後、支援内容や費用について、当事者間で直接打合せください。また、関心を表明するコンサルタントがない場合もございますこと、予めご了承ください。

ページトップへ

ことばの解説

ことばの説明を記述した外務省・JICAのウエブサイトにご案内します。該当のことばをクリックしてください。