コンサルタント登録

相談窓口設置の目的

   JICAでは、ODAを活用した海外展開を希望する中小企業に対し、開発途上国での実績を持つコンサルタントと協力を得つつ応募することを推奨しています。しかし、中小企業にとってはパートナーとなるコンサルタントを見つけること自体が一つのハードルとなっています。中小企業にパートナーとなるコンサルタントを紹介し、中小企業の海外展開を支援することが、相談窓口設置の目的となります。

コンサルタントの役割

   中小企業が開発途上国へ展開するにあたり、事前の現地調査が必要となりますが、開発途上国との関係が薄く、調査に慣れていない中小企業様が独自に現地調査を実施することは難しく、コンサルタントのサポートが必要となります。
   コンサルタントの役割としては、提案書・報告書作成支援のほか、ODA事業や開発課題ついて知見の提供、現地調査・精算業務支援などが考えられます。各工程において、中小企業とコンサルタントとが適切な役割分担をし、事業にあたることが求められます。

マッチングの対象

   原則として、ODAを活用した中小企業海外展開支援事業への応募を予定している中小企業(中小企業基本法第2条もしくは株式会社日本政策金融公庫法施行令第3条第2項に基づく日本登記法人)または中小企業団体の一部(事業協同組合、事業協同小組合、企業組合、協業組合、及び商工組合)をマッチングの対象としております。

登録期間

   コンサルタントの登録期間は、登録日から2016年5月31日までとなります。2016年6月以降の登録継続については、改めてお伺いします。
   尚、登録期間中に登録情報に一致する相談がない場合もございますので、予めご了承ください。

登録コンサルタントの要件

   自社でコンサルティング業務を実施できること(コンサルタント紹介、ビジネスマッチング、旅行手配業などが主たる業務である場合、登録をお断りすることがございます)。

コンサルタント登録の流れ

  • ①ウェブサイトの入力フォーム、または登録用紙(excel)より登録の申請をしていただきます。
  • ②相談窓口にて、お申し込みいただいた内容の確認を行います。
  • ③申込受領のメールをお送りします。記載内容に不明点や空欄がある場合には、修正依頼を行います。
  • ④上記メールへのご返信をいただきます。
  • ⑤返信メール受領後、データベースへ登録いたします。

料金

   登録料・更新料・紹介料は無料です。

ページトップへ

ことばの解説

ことばの説明を記述した外務省・JICAのウエブサイトにご案内します。該当のことばをクリックしてください。