コンサルタントの役割

ODAを活用した中小企業海外展開支援事業とは

   JICAは中小企業様の優れた製品や技術を途上国の開発に活用することで、開発課題の解決と、日本の国内経済の活性化を目指しています。中小企業様の海外展開の準備段階に応じ、支援メニューを取り揃えています。詳細は、こちらをご覧ください。尚、本事業は助成金制度ではなく委託事業となりますのでご注意ください。

コンサルタントとは

   当マッチング相談窓口におけるコンサルタントとは、経営コンサルタント、開発コンサルタント、建設コンサルタント、研究員(大学、シンクタンク)、NGO等を意味します。
JICAの中小企業海外展開事業への応募にあたり、それぞれのコンサルタントの持つ専門性を活かし、JICA事業に応募をお考えの中小企業様をサポートします。

  • 経営コンサルタント…企業経営の専門職
  • 開発コンサルタント…ODA事業の企画・立案、プロジェクトの運営管理を行う専門職
  • 研究員…国・自治体の施策や事業にかかる調査、企画・立案・推進支援を行う専門職
  • 建設コンサルタント…建設技術を中心とした開発・防災等に関し、計画・調査・設計業務を中心に支援する専門職
  • NGO/NPO…開発、環境、教育、平和構築等、様々な分野の課題解決に取り組む団体。

ODAを活用した中小企業海外展開支援事業におけるコンサルタントの役割

   JICAでは、中小企業様がコンサルタントの協力を得つつ本事業に応募することを推奨しています。
   開発途上国への進出にあたり、市場調査、投資前調査等の事前の現地調査が必要となりますが、対象国との関係が薄く、調査に慣れていない中小企業様が独自に現地調査を実施することは難しい場合もあり、ODA事業に精通している開発コンサルタントや、海外進出支援に実績のある経営コンサルタントのサポートが必要となります。
   コンサルタントは、事業の各工程(事前調査、提案書作成、契約交渉、現地調査、報告書作成、精算など)において、専門知識や経験を基に助言、検討、作業を行います。各段階において適切な役割分担をし、事業にあたることが求められます。また、専門の異なる複数のコンサルタントとパートナーを組むことも有効です。

ページトップへ

ことばの解説

ことばの説明を記述した外務省・JICAのウエブサイトにご案内します。該当のことばをクリックしてください。